PARADOX

 

The paradox of our time in history is that.

歴史における私たちの矛盾点、それは次のようなものだ。

 

We have taller buildings but shorter tempers, wider Freeways , but narrower viewpoints. We spend more, but have less, we buy more, but enjoy less. We have bigger houses and smaller families, more conveniences, but less time. We have more degrees but less sense, more knowledge, but less judgment, more experts, yet more problems, more medicine, but less wellness.

ビルは高くなる一方だけれど、人の気は短くなる一方。高速道路は広くなったけれど、人の視野は狭くなった。お金はじゃんじゃん使っているが、得るものは少ない。物は買いまくっているものの、楽しみは少なくなるばかり。家は大きくなったが家族のかたちは小さくなり、ずっと便利になったのにも関わらず、私たちには時間が無い。学のある者は増えたが常識がある者はめっきり減り、知識は増えたが分別は減った。その道のプロフェッショナルと呼ばれるものが増える一方で問題は一向になくならない。薬が増えたのに、健康な人は減った。

 

We drink too much, smoke too much, spend too recklessly, laugh too little, drive too fast, get too angry, stay up too late, get up too tired, read too little, watch TV too much , and pray too seldom. We have multiplied our possessions, but reduced our values. We talk too much, love too seldom, and hate too often.

飲み過ぎ、吸い過ぎ、浪費に走る。あまりにも無謀に過ごし、ほんの少ししか笑わず、スピードを出しすぎ、怒りすぎ、あまりにも夜遅くまで起きていて、朝起きた時にはすでに疲れている。読書しなくなった分テレビばかり、そして祈ることもめっきり少なくなった。たくさん物を持つ、その一方で物の価値が目減りする。そして私たちはおしゃべりが過ぎる。愛するということを滅多にしなくなって、いつのまにか憎むことばかりが増えていった。

 

We've learned how to make a living, but not a life. We've added years to life not life to years. We've been all the way to the moon and back, but have trouble crossing the street to meet a new neighbor. We conquered outer space but not inner space. We've done larger things, but not better things.

我々が学んだのは、生活の仕方で、生き方ではない。増えたのは寿命で、人生ではない。月まで行けるようになったというのに、通りを渡って新しい隣人に会うことに苦労している。宇宙は征服しても、体内はまだだ。より大きなことは成し遂げたが、より良いことは成し遂げていない。

 

 

We've cleaned up the air, but polluted the soul. We've conquered the atom, but not our prejudice. We write more, but learn less. We plan more, but accomplish less. We've learned to rush, but not to wait. We build more computers to hold more information, to produce more copies than ever, but we communicate less and less.

空気を洗浄したぶん魂を汚し、原子力さえも支配下にいれたが、差別は無くならない。たくさん書いているのに多くを学ばず、計画は増えたのに成し遂げられていない。急ぐことばかりを覚え、待つことを忘れた。多くの情報を抱えるべくコンピューターを作り、どんどんコピーを生みだしたが、我々のコミュニケーションはどんどんと少なくなっていく。

 

These are the times of fast foods and slow digestion, big men and small character, steep profits and shallow relationships. These are the days of two incomes but more divorce, fancier houses, but broken homes. These are days of quick trips, disposable diapers, throwaway morality, one night stands, overweight bodies, and pills that do everything from cheer, to quiet, to kill. It is a time when there is much in the showroom window and nothing in the stockroom. A time when technology can bring this letter to you, and a time when you can choose either to share this insight, or to just hit delete...

ファーストフードのおかげで消化は遅く、体ばかりでかくて人格は極めて小さい。利益を追い求めるが 人間関係は浅い。共働きで収入が増えた分離婚も増え、見た目ばかり良い家が増えたけれど、その中は崩壊している。急ぎな旅行に使い捨ておむつ、モラルの投げ捨て、一夜の情事が溢れる。太り過ぎの体を持て余し、励ますことから沈静させること、殺しまで全てをさせる薬の日々。ショールームの窓にたくさんの物が飾られ、倉庫には何もない。テクノロジーはあなたの元へすぐにメッセージを届けてくれるけれど、読むも読まないも、また消すのだって、今やあなたの指先ひとつですべてが決まる。

 

 

Remember, spend some time with your loved ones, because they are not going to be around forever.

忘れないで、愛する人と多くの時を過ごすことを。だってその時は、永遠には続かないのだから。

 

Remember, say a kind word to someone who looks up to you in awe, because that little person soon will grow up and leave your side.

忘れないで、あなたに畏敬の念を抱く人たちに優しい言葉をかけることを。だって彼らはすぐに大きくなって、いずれあなたの元を去ってゆくのだから。

 

Remember, to give a warm hug to the one next to you, because that is the only treasure you can give with your heart and it doesn't cost a cent.

忘れないで、側にいてくれる人に温かなハグをすることを。だってこれがあなたが持っている1番の宝であり、しかもこれをするのに1円もかからないのだから。

 

Remember, to say, "I love you" to your partner and your loved ones, but most of all mean it. A kiss and an embrace will mend hurt when it comes from deep inside of you.

忘れないで、愛する人に「愛している」と伝えることを。そのときどうか、心をこめて。心からのキスと抱擁は、相手の心をも必ず深く癒してくれるから。

 

Remember to hold hands and cherish the moment for someday that person will not be there again. Give time to love, give time to speak! And give time to share the precious thoughts in your mind.

忘れないで、相手の手を握り、共にいる時間を慈しむことを。だってその人はいずれ、あなたの前からいなくなってしまうかもしれない。愛するため、話し合うため、そして貴方の心の中の思いを共有し合うための時間を作って。

 

And always remember.Life is not measured by the number of breaths we take, but by the moments that take our breath away.

そしてどうか、これだけは覚えておいて。人生は呼吸の数で決まるのではなく、どれだけハッとする瞬間があったかで決まる、ということを。

 

 George Carlin

 

 

Film photo By New York October 2019